社長メッセージ

ごあいさつ

 
1938年の創業以来、一貫して塑性加工技術による自動車、家具・家電、建築関係の部品を製造・販売しております。特に、自動車関係の製品が売上高の8割前後を占めており、人命に関わる部品を数多く製造するという、非常に重要な役割を担っております。さらに、製品の製造のみに留まらず、金型・工具を自社開発および製作しており、機械部品までも社内で加工する事が可能です。
QCD改善活動の推進という観点から、製造部門を主体としたQCサークル活動を品質目標に取り入れて、大きな成果を上げています。また、自社内における濾過装置の製作・設置による廃油排出量の削減等にも取り組み、製造段階における環境負荷の低減に努めています。